Windowsのマウス・カーソルのサイズについて

Windowsのマウス・カーソル・ファイル(拡張子が「.cur」や「.ani」)はひとつのファイルのなかに複数のサイズの画像を持っています。

通常はそのなかの32×32サイズの画像が使われます。

48×48や64×64のサイズの画像が使われるのは、次の図のコントロール・パネルのディスプレイ設定において、「すべての項目のサイズを変更する」で「大きくする」側や「大 - 150%」、「特大 - 200%」へ設定した場合です。

コントロール・パネルのディスプレイ設定のスライド・バー(すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用するのチェックをオフ状態)表示。「小さくする」と設定すれば32×32サイズのマウス・カーソルが使われる。「大きくする」と設定すれば48×48サイズのマウス・カーソルが使われる。
「すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する」のチェックボックスをオフ状態にしたコントロール・パネルのディスプレイ設定画面

コントロール・パネルのディスプレイ設定のオプション・ボタン(すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用するのチェックをオン状態)表示。「小 - 100%」、「中 - 125%」と設定すれば32×32サイズのマウス・カーソルが使われる。「大 - 150%」と設定すれば48×48サイズのマウス・カーソルが使われる。「特大 - 200%」と設定すれば64×64サイズのマウス・カーソルが使われる。
「すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する」のチェックボックスをオン状態にしたコントロール・パネルのディスプレイ設定画面

以上の設定は、次の画面の「マウスのプロパティ」における設定とは、別の設定です。

「マウスのプロパティ」における設定で、(大きいフォント)や(特大のフォント)の設定を選んだとしても、コントロール・パネルのディスプレイ設定において「小さくする」側や「小 - 100%」、「中 - 125%」の設定になっていれば、マウス・カーソルの画像は32×32サイズの大きさです。

(大きいフォント)や(特大のフォント)の設定を選ぶということは、カーソルが大きく描かれたマウス・カーソル・ファイルの32×32サイズの画像を使うということになります。

マウスのプロパティにおけるデザイン選択メニュー
マウスのプロパティ画面